米アップル、スマートウォッチ「iWatch」を今年後半に発売との観測

CNETは7日(現地時間)、金融商品を扱うCitiグループのアナリストを務めるGlen Yeung氏の予測として、アップルが開発しているとされるスマートウォッチ「iWatch」は今年後半に発売される可能性が高いと伝えています。Yeung氏によると、iWatchの生産準備は既に完了しており、後はアップルが生産を決断するのみであると予想されるとのこと。

iwatchmockup

アップルは、先日ロシアで「iWatch」の商標登録申請を行ったと伝えられているなど、徐々に同端末の登場が現実味を帯びてきているようにも思えます。

iWatchのようなスマートウォッチが普及するには、スマートフォンやタブレット以上の「常用性(バッテリーの持ちなど)」や、電子端末ならではの機能充実がキーポイントになると筆者は考えますが、アップルはこれらの問題を解決し、革新的な製品を世に出すことができるのでしょうか。

[CNET]