これは便利!ワイヤレス充電できる「iMac Pro AirPower」のコンセプト

iMac AirPower コンセプト Martin Hajek
 
12月に発売される予定の「iMac Pro」と、来年発売予定のApple純正のワイヤレス充電マット「AirPower」を組み合わせた「iMac Pro AirPower」のコンセプトデザインを、Apple製品のクオリティの高い3Dコンセプトイメージで知られるマーティン・ハジェク氏が公開しました。

iMac Proにワイヤレス充電マットAirPowerを内蔵したら?

Appleは6月の開発者会議WWDC 17で、スペースグレーの本体を持つハイスペックデスクトップ、iMac Proを12月に発売すると発表しました。
 
9月には、ワイヤレス充電に対応したiPhone XとiPhone8の発表と同時に、Apple純正のワイヤレス充電マットAirPowerを2018年に発売することを予告しています。AirPowerは、iPhoneとApple Watch、AirPods充電ケースの3点を同時に充電可能です。
 
AirPower
 
今回、マーティン・ハジェク氏が公開した「iMac Pro AirPower」は、iMacのスタンド部分に、AirPowerを内蔵したら便利なのでは?というコンセプトデザインです。

便利な「iMac Pro AirPower」

スタンド部分にAIrPowerを内蔵した「iMac Pro AirPower」は、iMacでの作業中、iPhoneとApple Watchを充電しておくことができます。
 
iMac AirPower コンセプト Martin Hajek
 
もちろん、AirPodsとApple Watchを組み合わせてもOKです。
 
iMac AirPower コンセプト Martin Hajek
 
使わないときはこんな感じで、見た目にも違和感ありません。
 
iMac AirPower コンセプト Martin Hajek
 
シルバーボディのiMacには、グリーン系の充電マットが組み合わせられます。
 
iMac AirPower コンセプト Martin Hajek

Magic Mouseもワイヤレス充電!

2015年10月に発売されたMagic Mouse 2は、充電する時は底面のLIghtning端子にケーブルを挿すデザインが議論を呼びました。
 
Magic Mouse 2
 
ワイヤレス充電に対応してAirPowerで充電可能となっています。
 
iMac AirPower コンセプト Martin Hajek
 
iMacユーザーとしては、これが一番メリットが大きい気もします。

最低価格でも55万円のiMac Pro

12月発売予定のiMac Proは、最安値モデルでも4,999ドル(約55万円)からのハイスペックモデルで、最上位構成の価格は190万円程度になるのではないか、とも推測されています。
 
Geekbenchに掲載されたベンチマークスコアによると、8コア版や10コア版でも現行のMac Proより大幅に高速化されていることもわかっています。
 
また、iMac ProはTouch IDが利用可能となるほか、A10 Fusionチップを搭載し「Hey, Siri」が利用可能になることを示すコードも発見されています。

 
 
Source:Martin Hajek
Photo:YouTube
(hato)