次期iPhone Xのノッチはやはり小型化か、リアTrueDepthカメラは2019年版で採用とのウワサ

英投資銀行バークレイズのアナリストが、今年後半に登場が予想される新型iPhoneの予測を公開しました。外観的な特徴として、搭載されるフロントTrueDepthカメラがわずかに小型化され、それに伴いiPhone Xの特徴であるノッチ(上部の凹部)が小さくなると予測しています。 2018年の新型モデルが第二世代iPhone Xとより大型のiPhone X Plus、比較的安価な6.1インチ液晶モデルという構成になる、との予想は以前からの噂どおり。やはり噂されている背面へのTrueDepthカメラ搭載についても、2018年型では見送られて2019年になるという従来の観測を裏付けるコメントになっています。
Posted in 未分類