スナップチャットとアマゾンは画像認識で買い物ができるサービスを準備中?

[Engadget US版より(原文へ)] Snapは、業績不振から回復する手立てとして、ゲームよりも頼れるものを見つけたようです。カメラが買い物の手伝いをしてくれるサービスが、間もなく始まるかも知れません。アプリ研究家のIshan Agarwalは、スナップチャットの中に「カメラ検索」機能(最初は視覚検索と呼ばれていました)のためのコードが隠されていることを発見しました。 スナップチャットのアプリを使って品物やバーコードを特定すると、もしそれにマッチする商品があれば、アマゾンに誘導されるというものです。具体的にどのように機能するのかは、まだわかりませんが、関連する情報を表示する既存の「コンテキストカード」システムとのつながりがありそうだと、TechCranchは推論しています。 アマゾンもスナップチャットも、このリークに関するコメントは出していないため、このサービスを一般向けに開始するのか、するとしたら時期はいつなのかは定かではありません。しかし、これが可否の問題というより、時間の問題であることを示す理由があります。 スナップチャットにはすでに、Shazamをベースにした歌を見つ出す機能があります。そしてそれには、アプリ内で買い物もできるようになっています。これを、現実世界で見つけた製品にまで拡大するのは、そう大変なことではないはずです。 そこには、お金の問題も絡んできます。もしSnapがアマゾンの紹介リンクを利用すれば、製品が売れるごとに分け前が得られます。さらに、ほんの数タップで販売につながるとわかれば、広告主たちもこぞってリンクを張るようになるでしょう。 これがうまくいくかどうかは、また別の問題です。サムスンのスマホのユーザーで、最後にビックスビーを使ってアマゾンで買い物をしたのがいつだったか覚えている人はいますか? どのスマホにも対応するスナップチャットの場合、オブジェクト認識技術は、もっと便利になるはずです。しかし、そのためには、スナップチャットが友だちにメッセージを送ったりストーリーをシェアするだけのものではないことを、ユーザーにしっかり知らせる必要があります。 編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。 原文著者:Jon Fingas
Posted in 未分類