Adobe、2019年中にiPad向けのPhotoshop完全版をリリースか

ipad pro
 
Adobe Systemsが2019年中に、iPad向けのPhotoshopの「完全版」をリリースすると、Bloombergが報じています。Adobeは10月開催のクリエイティブイベントAdobe MAXで、同アプリを披露する予定とのことです。

開発は認めたもののリリース時期は明言せず

Adobeのクリエイティブ・クラウド部門の責任者であるスコット・ベルスキー氏は、Photoshopを含む人気アプリをモバイルデバイスでも利用できるよう開発を進めている事実は認めたものの、リリース時期についての明言は避けました。
 
Bloombergの取材に対し同氏は、「出来る限り早く市場に出したい」としつつ、「Photoshopのような洗練された高性能な製品を、iPadなどの近代的なデバイスで動作させるには、しなければならないことが数多くある」と述べています。

フル機能は月額9.99ドルで利用可能か

AdobeはすでにiPhoneとiPad向けに、基本的なリタッチができる「Photoshop Fix」や、基本的な画像編集やコラージュ作成が可能な「Photoshop Express」、描画と色付けができる「Photoshop Sketch」など、Photoshopの一部機能のみを取り出した複数のアプリを提供しています。
 
iPad向けPhotoshop完全版は「Photoshop CC for iPad」と命名され、ダウンロードは無料、ただしすでに公開されている「Lightroom CC for iPad」同様、すべての機能を利用し、デスクトップ上のPhotoshopと同期させるには、月額9.99ドル(約1,100円)のCreative Cloudサブスクリプションが必要になると見られています。

 
 
Source:Bloomberg via MacRumors
(lunatic)