3Dプリント銃の設計データ公開許可は銃社会に何をもたらすのか?

3Dプリンターで出力できる銃の設計データの公開を巡って、アメリカ司法省とデータを公開を求めるコーディ・ウィルソン氏との間で起こっていた訴訟で、2018年6月29日に電撃的に和解が成立しました。これによって、3Dプリンターで製造可能な銃のデータがインターネット上で公開されることになりますが、銃社会に与える影響を懸念する声があがっています。

続きを読む...