香港の「携帯電話聖地」に電子タバコが浸食――時代と共に様変わりする先達廣場

香港の旺角(モンコック)という所に、先達廣場というビルがあります。ここはその昔、携帯電話の聖地と言われていて、最新の携帯電話本体はもちろん様々な周辺機器や、怪しげな部品を扱う店がひしめき合うカオスのような場所でした。 当時は日本未発売の端末を入手したいがために、日本から香港の先達廣場まで買い出しに行ったことがあるくらいです。 過去形なのは、今はそうでないということ。もちろん、今でも携帯電話は売っているし、様々な部品屋も存在します。でも、以前とは違うのです。
Posted in 未分類