発売前のiPhone XS分解動画が公開!L字型バッテリーを搭載

FixjeiPhone iPhone XS 分解
 
発売前のiPhone XS分解する動画が公開されました。バッテリーがL字型になっているのが最大の変化です。

防水防塵性能がIP68に向上、画面取外しの難易度もアップ

9月21日の発売日より前に、iPhone XS分解する動画を公開したのは、オランダの修理情報サイトFixjeiPhoneです。
 
分解の初期段階で、iPhone XSのディスプレイを取り外すのにかなり苦労しています。
 
FixjeiPhone iPhone XS 分解
 
これは、iPhone XSは防水防塵規格がIP68と、iPhone XまでのIP67から強化されているためと考えられます。

L字型バッテリーを搭載、容量は既報どおり2,658mAh

iPhone XSの内部構造で、iPhone Xから大きく変化したのはバッテリーの形状です。
 
iPhone X(左)とiPhone XS(右)を見比べると、iPhone Xは2つのバッテリーをL字型に配置していたのに対し、iPhone XSには単体でL字型のバッテリーが使われています
 
FixjeiPhone iPhone XS 分解
 
iPhone XSのバッテリー容量は、先日報じられたとおり2,658mAhで、iPhone Xの2,716 mAhから約2%小さくなっています。
 
しかしAppleはiPhone XSのバッテリー駆動時間は、iPhone Xよりも最大30分長い、と説明しています。
 
FixjeiPhone iPhone XS 分解
 
これは、量産スマートフォンで初めての7nmプロセスルールで製造されたA12 Bionicチップが、省電力と高い処理性能を両立できているためと考えられます。
 
FixjeiPhoneが公開した、iPhone XSの分解動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:FixjeiPhone via MacRumors
(hato)