ニコンのフルサイズミレーレス「Z 6」発売が11月23日に決定 

ニコンのミラーレスカメラ「Z 6」の発売日が11月23日に決定しました。販売価格は「Z 6」本体が27万円前後、「Z 6 24-70mm レンズキット」が34万8300円前後、「Z 6 24-70mm + FTZ マウントアダプターキット」が36万9900円前後です。 Nikon Zシリーズは、新開発のZマウントを採用した中高級ミラーレスです。上位機「Nikon Z7」は4570万画素で常用感度はISO 64〜25600。下位機「Nikon Z6」は2450万画素で、常用感度はISO 100〜51200。両モデルとも像面位相差AFに対応するほか、新画像処理エンジン「EXPEED 6」も搭載します。Nikon Z7は既に発売されています。 手ぶれ補正はニコン初となるカメラ内手ぶれ補正を採用。5軸で駆動し、シャッタースピード最大5.0段分の高い補正効果を得られます。また、マウントアダプターを介してNIKKOR Fレンズでも使用できますが、NIKKOR Zレンズ仕様時に比べて補正効果は弱まります。 関連記事 20年来のニコンユーザーが語る、新ミラーレス「Z 6」を速攻ポチったワケ ニコンのフルサイズミラーレス「Z 7」「Z 6」を解説、記録メディアはXQDのみ
Posted in 未分類