iPhoneのノッチをディスっていたSamsung、ノッチ付きスマホの登場を予告

Samsung Galaxy 広告 YouTube
 
Samsungは、iPhoneやGoogle Pixel Xl 3の画面上部に設けられた切り欠き(ノッチ)を茶化す広告を展開してきました。しかし、先日の開発者向けイベントでSamsungは、ノッチ付きスマートフォンを予告する発表をしています。

3種類のノッチを持つディスプレイを発表

Samsungは、現地時間11月7日に開催した開発者向けイベントで、折りたたみ式スマートフォン用ディスプレイのほか、今後のディスプレイ技術などについても発表を行いました。
 
近い将来に発表されるディスプレイ技術のプロトタイプは「Infinity」と名付けられています。イベントでは、折りたたみディスプレイ「Infinity Flex」のほか、以下の4種類が紹介されました。
 
Samsung イベント Infinity The Verge
 
画面上部に、Essential Phoneと同様の半円形のノッチがある「Infinity U」、角ばったノッチの「Infinity V」、ノッチと言うよリは画面に穴が空いたような形状の「Infinity O」、そしてノッチのない「New Infinity」です。
 
Infinityシリーズを紹介したSamsungのプロダクトマーケティング部門責任者のハッサン・アンジャム氏が「New Infinity」について詳しく紹介していないことから、テクノロジーメディアThe Vergeは「New Infinity」の製品化は現在の技術では難しいのだろう、と推定しています。

iPhoneやGoogle Pixel XL 3のノッチを茶化していたSamsung

Samsungは、2017年のiPhone X発売以降、「ノッチのないGalaxyシリーズはiPhone Xよりも優れている」と主張する広告を相次いで投入しています。
 
こちらは、SamsungがiPhoneを茶化すCMシリーズのひとつです。
 

 
10月にGoogleがPixel 3 XLを発表すると、Samsungは公式TwitterアカウントでPixel 3 XLの画面上部に設けられたノッチを攻撃するツイートを連発しています。
 


 
Samsungは、ノッチのあるスマートフォンを発売したら、相変わらずiPhoneなどのライバルを茶化す広告を展開するのでしょうか。

 
 
Source:The Verge, 9to5Google
Photo:Samsung/YouTube
(hato)