人間は夜の闇の中で何をして過ごしてきたのか?という歴史

人工の光があふれ、人々は夜遅くや朝方まで起きて行動することが可能になりましたが、電気が生まれる前の人々が夜をどのように過ごしていたのかは、いまだ謎の多い分野です。ベルビュー・コミュニティカレッジで人類学について研究するNancy Gonlin氏は、「Archaeology of the Night」という本を仲間と共同執筆する際に、「夜の生活について調査した研究はほとんどない」ということに気づいたとのこと。そこで、人工の光が生まれる前、夜間に農作業、鍛冶、儀式などが行われてきた歴史についてまとめています。

続きを読む...